Just another WordPress site

求人媒体作成のコツ

飲食業界向け、求人媒体作成のコツ

飲食業界では人の入れ替わりが激しく、つねに求人をかけているところも多いのではないでしょうか。
求人の方法はハローワークや張り紙、エージェントなどありますが、今回は媒体での募集における求人のコツをお伝えしたいと思います。
飲食業界で媒体を用いて求人募集をかける際のコツは大きく、5つあります。

【1】短時間から応募OKで募集する。
お店からすれば、長時間かつなるべくシフトに入ってもらえた方が嬉しいのは当然ですが、応募する側からすればまずは様子を見たいもの。短時間かつ限られたシフトから初めて貰ってだんだん長い時間をお願いしていくのが良いでしょう。週1日からでも大丈夫とハードルを下げてみるのも一つの手かもしれません。

【2】周囲の飲食店をリサーチする。
飲食店で働く側から考えると、勤務地と時給が大きな割合を占めます。だからこそ、周囲の店舗を調べて1円でも高く時給を掲載すれば大きなアドバンテージを得ることが出来ます。大抵の人は、2~3求人をピックアップしてその中から応募するところを決めていくケースが多いです。まずはその候補に入ることが重要と言えるでしょう。しっかりとリサーチして、まわりよりも有利な条件を出しましょう。

【3】仲間感を打ち出しすぎない。
飲食店で仲間が片寄せあって満面の笑顔でうつっている写真をよく見かけませんか。アットホームで安心感があると思ってアピールする事が多いですが、逆に人間関係が固まっているところに入るのは抵抗がある人もいます。周りの飲食店が仲間感を打ち出しているのであれば、その逆にドライな感じや気軽に始められる様子を打ち出してみるのも良いかもしれません。興味を持って応募してくれる人が居るはずです。

【4】文字数を多くしすぎない。
自分たちの魅力を伝えようと頑張って文字数を多くしすぎるのも逆効果です。何が言いたいのか伝わらず、かえって興味を無くしてしまう事も考えられます。だからこそ、伝えたいポイントはひとつかふたつ。多くても3つ以内に収めて、しっかりとメッセージを伝える事が重要です。

【5】やっぱり時給
色々ご紹介しましたが、結局のところは時給に左右されるところが大きいのは否めません。高くしすぎるのは考え物ですが、安く抑えようとしすぎず、やってもらう仕事内容に対して適正な報酬を用意するのが重要でしょう。とはいえ、時給がそれほど高くなくても今回ご紹介したコツを活用いただく事で募集を増やすことが出来るはずです。

いかがでしたでしょうか。ぜひ飲食業界で媒体を活用する際にはご参考にいただければ幸いです。