Just another WordPress site

バリスタの求人について

飲食業界のバリスタの求人について

バリスタは資格ではないので飲食業界で求人募集の時に求めてる時はアルバイトやパートなどでは経験が重視されます。正社員となるには、経験だけでなくバリスタの資格という訳ではないのですが、一般法人の日本バリスタ教会(JBA)というの所かライセンスを配布しているのでそれをとっておくのもアピールポイントになります。

そしてこちらもバリスタの資格ではないのですが、一般法人の日本スペシャルティコーヒー教会(SCAJ)という所からコーヒーマイスターというものがあるのでそちらの二つを持っていると良いでしょう。
ですが、やはりどんな飲食業界でも経験が大切になってきますのでまず一般法人の資格なのですがそちらをとってからバイトなどから学んでいき経験を積んで正社員を目指すのが良いでしょう。

アルバイトを数か月~数年してから正社員になれる可能性があるお店などもかなり多く見られます。

海外での経験があるのは日本ではかなり有利とされています。
決して日本での修行が甘いという訳ではないのですが、一般的に本場といわれている国での経験は日本の飲食店ではかなり優遇されておりそれだけでもアピールポイントになると言われています。

飲食店での求人は基本的はカフェやレストランなどが多くたまにバーなどでも求人を見かけます。
その中で自分がどのように働きたいかを考え選ぶのが良いでしょう。
コーヒーを扱う職業ですので、コーヒーへの知識は必要不可欠です。

コーヒーは豆により焙煎方法も多々で、その日の気温や湿度などでも変わる繊細なものです。
だからどうしてもコーヒーへの知識は大切になるので、勉強は必要になってきます。

勿論スクールや専門学校もたくさんあるのでここに通うのも一つの手だと言われています。
ですが、独学で勉強、独学で修業して有名になったバリスタの方もたくさんいるので通う必要が絶対というわけではありません。

そして対、人という職業ですので、コーヒーを扱うだけの職業ではありません。
コーヒーを扱うだけでなく(飲食店によってなのですが)お客様と関わる可能性がかなり高いので、笑顔でそしてある程度はサービス業として考えた方が良いでしょう。

ちなみにスキルアップとして、大会などもあるの技術が向上してきたところでそちらに出てみるのも手でしょう。
大会などで優勝などの経歴があるの有名店やご自分でお店を持つ時などもかなりのアピールポイントになるので最終目標として考える方も多いです。