Just another WordPress site

動向を知っておこう

飲食店の求人の動向を知っておこう

飲食店における求人の一つの動向としてアルバイトの仕事と正社員仕事はこれらの雇用形態によって、仕事の見つけやすさはかなり大きく変わってくることを知っておきましょう。一般的に人生の中で一度は飲食店でアルバイトをしたことがあるという人はかなり多いものですが、その際にアルバイトの仕事を見つけることに苦労した人は少ないと思います。それもそのはずであり、多くの飲食店はアルバイトを募集して従業員の大半をアルバイトで補っているので、この動向を知っていると飲食店のアルバイトを求人がどれだけ見つけやすいのか、簡単に理解することができます。一方、飲食店の正社員求人についてはアルバイトとは真逆であり、どうしても枠が狭くなることからなかなか思い通りに仕事を見つけることができないことが多いです。これは要するに一つのお店においてその従業員の大半をアルバイトにしても十分にお店を経営することができるので、それほどたくさん正社員を抱える必要がないため、正社員で仕事を探したい人にとってはなかなか仕事が見つからないことがあります。

飲食店でアルバイトをする場合、これはほとんどの場合はホールスタッフか調理補助となります。では正社員はどのような仕事をするのかと言うと、これは店長だったり料理長など、お店の核となる部分の業務をすることになります。飲食店でホールスタッフや調理補助のアルバイトを長期的に行った場合、そろそろ正社員にならないかと声がかかるかもと期待することがあると思いますが、その可能性はほぼゼロに近いことを知っておきましょう。その理由は上記の通りであり、やはり正社員雇用は店長か料理人、このどちらかを採用するからです。正社員を夢みて長期的に飲食店でアルバイトをすることは先の将来の可能性がかなり低いので、それならしっかりと仕事探しをして正社員の採用を狙うほうが確実に早いです。

飲食業界において正社員の仕事を探すなら職種の広さという意味ではやはり本社勤務などオフィスワークも視野に入れながら仕事探しをしたいところです。飲食店に関しては料理を作れる人材が圧倒的に有利な状況となっているので、調理師免許を持っていない人にとっては店長を狙う以外にあまり正社員としての採用を狙える可能性は低くなってきます。上記のような動向をしっかりと把握しておき、自分の将来を考えていきましょう。また、アルバイトの経験をすることは無駄ではないので、これは正しく認識しておきましょう。